1時間に1度の笑いを No.51

笑う門には福来たる。大脳は、楽しい状態でのみ、大きな機能を発揮します。
体の維持、自浄に‥ 楽しい気分で読んで下さいね。
1時間に1度の笑いを <?=$h1?> <?=$h1?>

向こう岸

あれっ、弱っちゃったネおい、こんな所に川があるとは知らなかったなぁ。‥えー回り道をしちゃうと大変だし。
えー‥あっ!向こう岸に誰か居るねぇおい。あっ丁度いいや、あの人に聞いてみよう。

「あのーっ、すいませーん!向こう岸の方ーっ!あのねぇ、あたしこの川を越してぇと思うんですけどねぇ、この川ーあの、深いでしょうかーっ?浅いでしょうかーっ?」
「あーっ?えー‥お前さんねーっ、あのそこで何か言っている様だけども、あたしあの‥耳が遠いんだよ、うーん。誰かあの、他の人に聞いておくれよ!」

「えーっ?いぇですからねーっ、この川を越したいんです、えー。これーっ、深いでしょうか?浅いでしょうか?」
「まーだ何か言ってるよおぃ。しょーがない‥いえ、だからねぇ、あたしゃこのーっ、(耳を指す仕種をしながら)耳が遠いからダメなんだよぅ!」

「あぁー‥耳まであっちゃぁ、越せねーや」
(五街道雲助/春風亭一朝『Music Supli 小咄編』)