1時間に1度の笑いを No.71

笑う門には福来たる。大脳は、楽しい状態でのみ、大きな機能を発揮します。
体の維持、自浄に‥ 楽しい気分で読んで下さいね。
1時間に1度の笑いを <?=$h1?> <?=$h1?>

愛玩物

列車の旅である。  小犬を膝に置いた気位の高そうな女がいる。
そして、どこかむさくるしい男が、先ほどからタバコを吸い続けている。
窓は開いているが、コンパートメントにはタバコの臭いが立ち込めている。女が言った。

──タバコを止めていただけません?

男は女の顔を見たが、そしらぬ顔で黙ってタバコを吹かし続けている。女はキッと前方を見据えた。
しばらく時が過ぎて、女がまた言った。

──タバコを止めていただけません?

男は相変わらずタバコを吸い続ける。女の手がすっと伸びて、タバコを取ると窓の外にぽいと投げ捨てた。
男はおやという顔で女の顔を見た。
それから、おもむろに女の膝から小犬を手に取ると、窓からぽいと投げ捨てた。
(野内良三『ジョーク・ユーモア・エスプリ大辞典』)