1時間に1度の笑いを No.100

笑う門には福来たる。大脳は、楽しい状態でのみ、大きな機能を発揮します。
体の維持、自浄に‥ 楽しい気分で読んで下さいね。
1時間に1度の笑いを <?=$h1?> <?=$h1?>

無筆

無筆の父親が客にむかって、

  「伜もこの頃手があがりまして、寺子屋のお師匠様にほめられて居ります」
  「それは結構。なんぞ書いて見せて下さい」
  「伜、なんぞ書いて御覧に入れろ」
  「はい、そんなら、百の字を書きます」と、大文字で、すっと一を引く。

父親がうなずいて、

  「まず、ひャ の字が出来た」


(宇野信夫『小話百選・お笑い帖』)