1時間に1度の笑いを 外郎売り2

笑う門には福来たる。大脳は、楽しい状態でのみ、大きな機能を発揮します。
体の維持、自浄に‥ 楽しい気分で読んで下さいね。
1時間に1度の笑いを <?=$h1?> <?=$h1?>

外郎売り 2

 イヤ最前(サイゼン)より 家名(カメー)の自慢ばかり申しても御存知ない方には、正身(ショーシン)胡楸(コショー)丸呑(マルノミ)、白河夜舟(ヨフネ)、さらば一粒(イチリュー)食べかけてその気味(キミ)合いをお目にかけましょう。先ずこの薬をかように一粒(ヒトツブ)舌の上にのせまして腹内(フクナイ)に納めまするとイヤどうも言えぬは、()(シン)(ハイ)(カン)がすこやかになりて薫風(クンプー)喉より(キタ)口中微涼(コーチュービリョウ)を生ずるが如し。魚鳥(ギョチョウ)(キノコ)・麺類の食い合わせ、その(ホカ)万病速効ある事神の如し。さてこの薬、第一の奇妙には舌のまわることが銭独楽(ゼニゴマ)がはだしで逃げる。ひょっと舌がまわり出すと、矢も楯もたまらぬじゃ。
 そりゃそりゃ、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。アワヤ(ノド)、サタラナ(ゼツ)に、カ()歯音(シオン)、ハマの二つは(シン)軽重(ケイチョー)開合(カイゴー)さわやかに、あかさたなはまやらわ・おこそとのほもよろお。一つぺぎへぎに へぎほし はじかみ、盆豆(ボンマメ) 盆米(ボンゴメ) 盆ごぼう、摘み(タデ) つみ豆 つみ山椒(ザンショ) 書写山(ショシャザン)社僧正(シャソージョー)粉米(コゴメ)のなまがみ こん粉米の()生がみ、繻子(シュス)ひじゅす 繻子 繻珍(シュチン)、親も嘉兵衛 子も嘉兵衛 親かへい子かへい子かへい親かへい、古栗(フルクリ)の木の古切□(キリクチ)雨合羽(アマガッパ)か番合羽か、貴様のきゃはんも皮脚絆(カワキャハン)、我等がきゃはんも皮脚絆、しっ皮袴(カワバカマ)のしっぽころびを 三針(ミハリ)はり(ナガ)にちょと縫うて ぬうて ちょとぶんだせ、河原撫子(カワラナデシコ) 野石竹(ノセキチク)、のら如来(ニョライ) のら如来 ()のら如来に ()のら如来。一寸(イッスン)のお小仏(コボトケ)におけつまずきやるな、細溝(ホソミゾ)にどじょにょろり。京の生鱈(ナマダラ) 奈良生学鰹(ナママナガツオ)、ちょと四五貫目(シゴカンメ)、お茶立ちょ 茶たちょ ちゃっと立ちょ 茶立ちょ 青竹茶筅(アオダケチャセン)でお茶 ちゃと立ちゃ。

1時間に1度の笑いを <?=$h1?> <?=$h1?>
(板真一郎の『ユーモア話術講座』 TEXT〈V〉)