故郷のまつり
女をあげるページ
●外部へのリンクを削除
▼CAD設計製図資料室
▼1時間に1度の笑い 一覧
▼笑い 題名ランダム
▼笑い 1〜128各サイト
▼小倉百人一首
▼孫子を学ぶ
▼貞観政要を学ぶ
▼故郷の城・柵
▼東京湾岸の絵図面
石狩振興局〜尖閣諸島?
道の駅
アフィリエイト特化貢献




〜'17.01.31 

神社詳細


故郷の神社[トップ]
大神神社 おおみわじんじゃ

祭神 倭大物主櫛玉命(やまとおおものぬしくしたまのみこと)
社格等 正一位、大和国一宮、二十二社の第九位
由緒 日本最古の神社。遠い神代の昔、大己貴神が、 自らの幸魂・奇魂を三輪山に、倭大物主櫛玉命の名をもってお祀りされたのが当神社のはじまり。それ故に本殿は設けず、拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し、三輪山を拝するという、原初の神祀りの様が伝えられている。 ・神様の中の大神様として尊崇されてきた。
お祭り 春の大神祭:4/8-10
御利益 国造りの神様。産業開発、 方除、治病、造酒、製薬、禁厭、交通、航海、縁結びなど、世の中の幸福増進。
別称 三輪神社
場所 奈良県桜井市三輪
交通 JR三輪駅より5分
サイト http://www.oomiwa.or.jp/