貞観政要を学ぶ

[アクセスアップの基本の基本]
★外部リンク極力廃止! 平に(..);

故郷のまつり

'15.6.22 更新'18.2.23
故郷のまつり全85件
141-幕張界隈のご案内
CAD設計製図資料室
縁結びの神・全国
全日本総合リンク
1時間に1度の笑い 一覧
縁結びの神・故郷の神社
 二十二社リンク他修復中
 石清水八幡宮 ok

故郷の城・柵
日本の年号/西暦対照表

 日本人は自立せよ.
 自力で自分の国を護れ.
防衛大学校:学士

君道第一/安くして而も能く懼る

さあ、大いなる男の自信をつけよう

《貞観政要・その二》君道第一/安くして而も能く懼る(やすくしてしかもよくおそる)

原文

 貞観十五年、太宗謂侍臣日、守天下難易。
 侍中魏徴対日、甚難。
 太宗日、任賢能受諫諍、即可。初謂為難。
 徴日、観自古帝王、在於憂危之間、則任賢受諫。及至安楽、必懐寛怠。言事者、惟令兢懼。日陵月替、以至危亡。聖人所以居安思危、正為此也。安而能懼。豈不為難。(君道篇)

読み下し文

 貞観十五年、太宗、侍臣に謂いて曰く、「天下を守ること難きや易きや」。
 侍中魏徴対えて曰く、「甚だ難し」。
 太宗曰く、「賢能を任じ、諫諍を受くれば、即ち可ならん。何ぞ難しとなすと謂わん」。
 徴曰く、「古自りの帝王を観るに、憂危の間に在るときは、則ち賢を任じ諫を受く。安楽に至るに及びては、必ず寛怠を懐く。事を言う者、惟だ兢懼せしむ。日に陵に月に替し、以って危亡に至る。聖人の安きに居りて危うきを思う所以は、正にこれが為なり。安くして而も能く懼る。豈に難しとなさざらんや」。

現代語訳

 貞観十五年、太宗が側近の者に尋ねた。「国を維持することは困難であろうか、容易であろうか」
 門下省長官の魏徴が答えた。「きわめて困難であります」
 太宗が反問した。「すぐれた人材を登用し、よくその者どもの意見を聞き入れればよいではないか。必ずしも困難であるとは思えぬが」
 魏徴が答えるには、「今までの帝王をご覧ください。国が危難に陥ったときには、すぐれた人材を登用し、その意見によく耳を傾けますが、やがて政治が安定してきますと、必ず心にゆるみが生じます。そうなると、臣下もわが身第一に心得て、君主に過ちがあっても、あえて諌めようとしません。こうして国勢は日ごとに下降線をたどり、ついには滅亡に至るのです。昔から聖人は『安きに居りて危うきを思う』のは、これがためであります。国が安定しているときにこそ、いっそう気持を引き締めて政治にあたらなければなりません。それで、わたくしは困難であると申しあげたのです」。

●侍中(じちゅう)
1 中国の官名。漢代には天子の左右に侍して顧問に応ずる官。唐代以後は門下省の長官。
2 蔵人(くろうど)の唐名。
●門下省(もんかしょう)
中国の官署名。主として詔勅の審議をつかさどった。晋代に漢代の侍中を改編して成立、隋・唐 時代に完備したが、宋代には形式化し、元に至って廃止された。
●蔵人(くろうど)
《「くらひと」の音変化》1 蔵人所(くろうどどころ)の職員。もと皇室の文書や道具類を管理する役であったが、蔵人所が設置されて以後は、朝廷の機密文書の保管や詔勅の伝達、宮中の行事・事務のすべてに関係するようになった。
●諫(かん)── 諫める。  ●諍(そう)── 強くいさめる。言い争う。  ●諫諍(かんそう)── 言い争って諫める。  ●懼(く)── おそれて目をみはる意。  ●兢(きょう)── おそれつつしむ。  ●兢懼(きょうく)── おそれてひかえる。  ●日に陵に月に替し(ひにりょうにつきにたいし)── 次第に衰えること。  ●豈(あに)── 其れ、どうして、ほとんど

温故知新

( ── 人はどこかの国の洪水より、自分の水虫の方がよほど関心が強い。)
 ニュースで、練習してきた手筈どおりに、禿頭や白髪頭を並べて、下げている図は、うんざりす るばかりです。「権限を持って3年経てば馬鹿になる」の図ですね。佞臣でなくても、人が厭がることを言いたがる人はいません。嫌われれば給料どころか、首が飛ぶかも知れない関係で、本当の「部下の意見」が聞ける訳がないではありませんか。

 「今夜は無礼講だ」というのでその気になったら「偉い目にあった」という話はよく聞きます。 そんな事をしておいて、自分の為になることを誰がしてくれるというのですか?

 太宗は「諫義太夫(かんぎたいふ=死を賭して、皇帝に諫言する専門の職)」を置いて、自分の 悪いとこを言ったら、褒美を与えたというから、凄いではありませんか。その位の事をしなければ、 人が本当の事を言う訳がないという事です。

 武田信虎が、せがれ晴信に追放されたのも、「身を正す」事に欠けていたためです。 晴信に追放されたと言っても、家臣が同意したからであって、見方を変えれば、家臣にいつ追放され るか分からないという事です。

 「身を正す」──「言うは易し、行うは難し」の最たるモノではないでしょうか? どの国でも、どの時代でも、一時代が終わる原因は、常にこれです。 甘っちょろい考えではなく、常にあり得る事として、覚悟して「安くして而も能く懼る」です。
「権力」の魔物のとりこにならないよう、貞観政要は、その地位にある人の「諫義太夫」です。 そして、「阿諛追従の徒」を見極める目も必要なのではないでしょうか。
── 網倉

次回は、《貞観政要・その三》 です。