貞観政要を学ぶ

[アクセスアップの基本の基本]
★外部リンク極力廃止! 平に(..);

故郷のまつり

'15.6.22 更新'18.2.23
故郷のまつり全85件
141-幕張界隈のご案内
CAD設計製図資料室
縁結びの神・全国
全日本総合リンク
1時間に1度の笑い 一覧
縁結びの神・故郷の神社
 二十二社リンク他修復中
 石清水八幡宮 ok

故郷の城・柵
日本の年号/西暦対照表

 日本人は自立せよ.
 自力で自分の国を護れ.
防衛大学校:学士

君道第一/上理まりて下乱るる者はあらず

さあ、大いなる男の自信をつけよう

《貞観政要・その三》君道第一/上理まりて下乱るる者はあらず

原文

 貞観初、太宗謂侍臣日、為君之道、必須先存百姓。若損百姓以奉其身、猶割脛以啖腹。腹飽而身斃。若安天下、必須先正其身。未有身正而影曲、上理而下乱者。朕毎思。傷其身者、不在外物。皆由嗜欲、以成其禍。若耽嗜滋味、玩悦声色、所欲既多、所損亦大。既妨政事、又擾生人。且復出一非理之言、万姓為之解体。怨とく既作、離叛亦興。朕毎思此、不敢縦逸。

 諫議大夫魏徴対日、古者聖哲之士、皆亦近取諸身。故能遠体諸物。昔楚聘・何、問其理国之要。・何対以修身之術。楚王又問理国如何。・何日、未聞身理而国乱者。陛下所明、実同古義。

読み下し文

 貞観の初め、太宗、侍臣に謂いて曰く、「君たるの道は必ず須(すべか)らく先ず百姓を存すべし。若し百姓を損じて以ってその身に奉ずるは、猶お脛(はぎ)を割きて以って腹に啖(くら)わすがごとし。腹飽きて身斃(たお)る。若し天下を安んぜんとせば、必ず須らく先ずその身を正すべし。未だ身正しくして影曲がり、上理(おさ)まりて下乱るる者はあらず。朕に毎(つね)に思う。その身を傷(やぶ)る者は、外物に在らず。皆嗜欲(しよく)に由りて、以ってその禍を成す。若し滋味(じみ)に耽り嗜み、声色(せいしょく)を玩(もてあそ)び悦べば、欲する所既に多く、損ずる所亦大なり。既に政事を妨げ、又生人(せいじん)を擾(みだ)す。且つ復(また)一の非理(ひり)の言を出(い)だせば、万姓これが為に解体す。怨とく既に作(おこ)り、離叛も亦興る。朕毎に此を思い、敢て縦逸(しょういつ)せず」。

 諫議太夫(かんぎたいふ)魏徴(ぎちょう)対えて曰く、「古者、聖哲の士は皆亦近く諸(これ)を身に取る。故に能く遠く諸物に体す。昔、楚、・何(せんか)を聘(へい)し、その国を理むるの要を問う。・何対(こた)うるに身を修むるの術を以ってす。楚王又国を理むること何如と問う。・何曰く、『未だ身理まりて国乱るる者を聞かず』と。陛下の明らかにする所は、実に古義に同じ」。

現代語訳

 貞観初年のこと、太宗が側近の者にこう語った。「君主たる者は、なりよりもまず人民の生活の安定を心がけなければならない。人民を搾取して贅沢な生活にふけるのは、あたかも自分の足の肉を切り取って食らうようなもので、満腹したときには体のほうが参ってしまう。天下の安泰を願うなら、まずおのれの姿勢を正す必要がある。いまだかつて、体は真っ直ぐ立っているのに影が曲がって映り、君主が立派な政治をとっているのに人民がでたらめであったという話は聞いたことがない。わたしはいつもこう考えている。身の破滅を招くのは、ほかでもない、その者自身の欲望が原因なのだ、と。いつも山海の珍味を食し、音楽や女色にふけるなら、欲望の対象は果てしなく広がり、それに要する費用も莫大なものになる。そんなことをしていたのでは、肝心な政治に身が入らなくなり、人民を苦しみに陥れるだけだ。その上、君主が道理に合わないことを一言でも口にすれば、人民の心はばらばらになり、怨嗟の声があがり、反乱を企てる者も現れてこよう。わたしはいつもそのことに思いを致し、極力おのれの欲望を抑えるように努めている」

 諫議大夫の魏徽が答えた。「昔から聖天子よ明君よと称えられた人々は、みなそのことを実践されました。ですから、理想的な政治を行なうことができたのです。かつて楚の荘王が賢人の・何を招いて政治の要諦を尋ねたところ、・河は、『まず君主がおのれの姿勢を正すことです』と答えました。荘王が重ねて具体的な方策について尋ねましたが、それでも・何は、『君主が姿勢を正しているのに、国が乱れたことは未だかつてありません』と答えただけでした。陛下のおっしゃったことは、・何の語ったこととまったく同じであります」

●嗜欲 ── とくに飲食の飲を指す。  ●声色 ── 音楽と女色。  ●生人 ── 生きている人。人民。  ●非理 ── 道理に合わないこと。  ●万姓 ── 天下の人々。万民。  ●怨とく ── 「とく」も怨む、憎むという意。「とく」は「言賣言」が一つになった字。  ●縦逸 ── 欲望のままに振る舞うこと。  ●諫議大夫 ── 天子の過失を諫め、政治の得失について意見を述べる官。当時、魏徴はこの職にあった。  ●・何 ── 楚の賢人。  ●楚王 ── 楚の荘王。

温故知新

( ── お金の方から従って来るか、去って行くかの分水嶺)
 平易な解釈その一 …… 「おはよう」と声を掛けられた場合、特別の事情がある人以外は、それ を無視する人はいないと思います。
 平易な解釈その二 …… 礼儀正しくされた場合、特別の事情がある人以外は、それを無視する人 はいないと思います。
 平易な解釈その三 …… もっと進んで、大事に思われたり、大事に扱われた場合、特別の事情が ある人以外は、それを無視する人はいないと思います。

 ※「特別の事情がある人」とは、常人ではない人を指します。 「人としての表現の仕方を身につけていない人(幼児・子ども)」、「気を病んでいる人」、時には「偏差値の右端にいる人」?

 「偏差値の左端にいる人」の事ではないと思います。この人はむしろ「自制」が利かないだけ、喜怒哀楽が激しい様な気も致します。そう言えば、「猿でも自分が大事に扱われている事が分かると、それに対応してくる」と申します。
── 網倉

次回は、《貞観政要・その四》 です。

 貞観政要とは帝王学の事ですが、立場に依らず、我が身を正す学問です。故に真っ先に 網倉忠志 が学ぶ学問です。己が身と比べてみれば、口先だけの事ではなく、「何をして来たんだお前は!」と 恥じ入るばかりです。

 唐の太宗(李世民)、元々が並の人物ではありません。次回は、太宗以前の「李世民」を見てみた いと思います。 よろしかったら、ご一緒にどうぞ。