貞観政要を学ぶ

[アクセスアップの基本の基本]
★外部リンク極力廃止! 平に(..);

故郷のまつり

'15.6.22 更新'18.2.23
故郷のまつり全85件
141-幕張界隈のご案内
CAD設計製図資料室
縁結びの神・全国
全日本総合リンク
1時間に1度の笑い 一覧
縁結びの神・故郷の神社
 二十二社リンク他修復中
 石清水八幡宮 ok

故郷の城・柵
日本の年号/西暦対照表

 日本人は自立せよ.
 自力で自分の国を護れ.
防衛大学校:学士

政体第二/大事は皆小事より起こる

さあ、大いなる男の自信をつけよう

《貞観政要・その八》政体第二/大事は皆小事より起こる

原文

 貞観六年、太宗謂持臣曰、古人云、危而不持、顛而不扶、焉用波相。君臣之義、得不尽忠 匡救乎。 朕嘗読書、見桀殺関竜逢、漢誅晁錯、未嘗不廃書歎息。公等但能正詞直諫、裨益政教。終不以犯顔忤 旨、妄有誅責。朕比来臨朝断決、亦有乖於律令者。公等以為小事、遂不執言。凡大事皆起於小事。小 事不論、大事又将不可救。社稷傾危、莫不由此。隋主残暴、身死匹夫之手、率土蒼生、罕聞嗟痛。公 等為朕思隋氏滅亡之事、朕為公等思竜逢晁錯之誅、君臣保全、豈不美哉。

読み下し文

 貞執六年、太宗、持臣に謂いて日く、「古人云う、『危うくして持せず、顛りて扶けずんば、焉ん ぞ彼の相を用いん』と。君臣の義、忠を尽くして匡教せざるを得んや。朕嘗て書を読み、桀、関竜逢 を殺し、漢、晁錯を誅するを見て、未だ嘗て書を廃して歎息せずんばあらず。公等、但だ能く正詞直 諫して政教を裨益せよ。終に顔を犯し旨に忤うを以って妄に誅責あらじ。朕、比来、朝に臨みて断決 するに、亦律令に乖く者あり。公等、以って小事となし、遂に執言せず。凡そ大事は皆小事より起こ る。小事論ぜずんば、大事又将に教うべからざらんとす。社稷の傾危、此に由らざるはなし。隋主残 暴にして、身、匹夫の手に死すも、率土の蒼生、嗟痛するを聞くこと罕なり。公等、朕が為に隋氏の 滅亡の事を思い、朕、公等が為に竜逢、晁錯の誅を思い、君臣保全せば、豈に美ならざらんや」。

現代語訳

 貞観六年、太宗が側近の者に語った。  「あの孔子が、『国が危難に陥って滅びそうだというのに、だれも救おうとしない。これでは、な んのための重臣なのか』と語っている。  まことに臣下たる者は、君臣の義として、君主に過ちがあれは、これを正さなはれはならない。 わたしはかつて書を繙いたとき、夏の桀王が直言の士、関竜逢を殺し、漢の景帝が忠臣の晁錯を誅殺 したくだりまでくると、いつも読みかけの書を閉じて、しはし嘆息したものだった。 どうかそちたちは、おのれの信ずるところをはばからず直言し、政治の誤りを正してほしい。 わたしの意向に逆らったからといって、みだりに罰しないことを、あらためて申し渡しておく。  ところで近ごろ朝廷で政務を決済するとき、律令違反に気づくことがある。この程度のことは小事 だとして、あえて見逃しているのであろうが、およそ天下の大事はすべてこのような小事に起因して いるのである。小事だからといって捨ておけば、大事が起こったときには、もはや手のつけようがな い。国家が傾くのも、すべてこれが原因である。隋の煬帝ば暴虐の限りを尽くしたあげく、匹夫の手 にかかって殺されたが、それを聞いても嘆き悲しんだ者はいなかったという。  どうかそちたちは、わたしに煬帝の二の舞いをさせないでほしい。わたしもまた、そちたちに忠な るが故に誅殺された関竜逢や晁錯の二の舞いはさせないつもりである。こうして君臣ともに終りをよ くするなら、なんと素晴らしいことではないか」

●危うくして持せず…… ── 孔子の語ったことば。『論語』季氏篇に出てくる。  ●匡教 ── 悪を正し危険を教う。  ●桀 ── 夏王朝の最後の天子・桀王。暴虐な教治を行なって、殷の湯王に滅ばされた。  ●関竜逢 ── 夏王朝に仕えた賢大夫。桀王を諫めて誅教された。  ●晁錯 ── 漢の文帝、景帝に仕え御史大夫(副宰相格)として、諸侯国の勢力を削減し中央権力の強化をはかった。だが、諸侯国の反乱を招き、その責任を問われて誅教された。  ●公等 ── 卿等と同じ。きみたち。  ●正詞 ── 正しいことを言う。  ●直諫 ── 正面きってずけずけ諫めること。  ●政教 ── 政治と教化。  ●裨益 ── 助けて役に立つこと。  ●顔を犯して ── 相手がいやがるのを押し切って。  ●誅責 ── 誅殺して責任を問う。  ●律令 ── 国の法律。律は刑法、今は制度についての規定。  ●執言 ── 発言と同じ。  ●社稷 ── 社は土地の神。稷は穀物の神。昔、これらを祭ることが国のつとめであったところから、二つ併せて国家を指す。  ●隋主 ── 隋の煬帝を指す。  ●匹夫 ── 地位も身分もない男。  ●率土 ── 国中。  ●蒼生 ── すべての人民。  ●嗟痛 ── 嘆き悲しむこと。

温故知新

( ── 大事は皆小事より起こる。)
 まさに、1,400年近く前に、日本の社会保険庁のためにいった言葉のようです。 でも、社会保険庁の場合は、「洪水は蟻の一穴から」なんて生やさしいものではありませんね。 何と表現して良いのか ……  その上、罪の意識がかけらもないという、厚顔無恥の固まりです。 太宗はこれをどう裁いたでしょうか、非常に関心があります。

 若い頃、甲府で国家公務員だった時期がありますが、昼食に正午30分前には出て行って、1時過 ぎなければ戻ってこない。仕事中にギターを弾く … 。 嫌気がさして1年足らずで辞めました。

 辞めたからと言って、良い事があった訳ではありませんし、どれだけ社会のお役に立つ生活をして 来たかも分かりませんが、むかむかするイヤな物を見ない様になった事と、自分という人間が腐敗し ないで来られた事を本当に良かったと思っています。 ところで、おのれの事を棚に置いて恐縮では ありますが、公務員は必要なんでしょうか?

 縁者で、東電で給料を貰いながら市議会議員をしているのがいました。今はどうしていますか分か りませんが、非常に恥ずかしい思いです。  ある時その気持ちを当人に言った事がありました。同席していた仲間が、私に何かしようとしたの でしょう。当人が「やめとけ」と言っていました。耳を疑いました。匹夫のとった態度はともかく、 政治家になった人間のいう事でしょうか? 貞観政要の世界とは余りにもかけ離れた世界です。

 彼らに何かをいう事は止めるとして、益々、自分を恥じて精進しなければなりません。

 最後に、せめて一つ、良いお知らせがあります。  前回の「反省!」に基づいて、2007.06.24の晩酌より、いま酒を止めています。 実は反省の後、世界最高齢となられた日本人男性が、テレビで長生きの秘訣を聞かれて、答えて曰く 「酒を一切飲まない事です」。 実践者の言葉は響きました。その言葉で即、止めました。

 「良いお知らせ」というのは、 若い時には一升酒の、社会に出て、44年間飲まない日がなかった 人間が、何の苦もなく止められたと言う事です。  それは只一つの事に気が付いたからです。それは「毎日夕方になったら飲まなければならない、と 思いこんでいただけ」と言う事にです。

ですから、当然これからも必要で飲む事はあるでしょうが、その後惰性で飲む事はないでしょう。皆さんも、簡単に止められます。ストレスを瞬間に吹き飛ばす「お呪い」があれば完璧です。
── 網倉

次回は、《貞観政要・その九》 です。