貞観政要を学ぶ

[アクセスアップの基本の基本]
★外部リンク極力廃止! 平に(..);

故郷のまつり

'15.6.22 更新'18.2.23
故郷のまつり全85件
141-幕張界隈のご案内
CAD設計製図資料室
縁結びの神・全国
全日本総合リンク
1時間に1度の笑い 一覧
縁結びの神・故郷の神社
 二十二社リンク他修復中
 石清水八幡宮 ok

故郷の城・柵
日本の年号/西暦対照表

 日本人は自立せよ.
 自力で自分の国を護れ.
防衛大学校:学士

求諫第四/情を尽くして極諫せんことを欲す

さあ、大いなる男の自信をつけよう

《貞観政要・その九》求諫第四/情を尽くして極諫せんことを欲す

原文

 太宗威容儼粛、百僚進見者、皆失其拳措。太宗知其若此、毎見人奏事、必仮顔色、冀聞諫諍、知政教得失。  貞観初、嘗謂公卿曰、人欲自照、必須明鏡。主欲知過、必籍忠臣。主若自賢、臣不匡正。欲不危敗、豈可得乎。故君失其国、臣亦不能独全其家。至於隋煬帝暴虐、臣下鉗口、卒令不聞其過、遂至滅亡。虞世基等尋亦誅死。前事不遠。公等毎看事、有不利於人、必須極言規諫。  貞観三年、太宗謂侍臣曰、中書門下機要之司。擢才而居、委任実重。詔勅如有不穏便、皆須執論。比来惟覚阿旨順情。唯唯苟過、遂無一言諫諍者。豈是道理。若惟暑詔勅行文書而已、人誰不堪。何煩簡択以相委付。自今詔勅疑有不穏便、必須執言。無得妄有畏擢、知而寝黙。  貞観五年、太宗謂房玄齢等曰、自古帝王多任情喜怒、喜則濫賞無功、怒則濫殺無罪。是以天下喪乱莫不由此。朕今夙夜未嘗不以此為心。恒欲公等尽情極諫。公等亦須受人諫後。豈得以人言不同己意、便即護短不納。若不能受諫、安能諫人。

読み下し文

 太宗、威容儼粛にして、百僚の進見する者、皆その挙措を失う。太宗、その此の若くなるを知り、人の事を奏するを見る毎に、必ず顔色を仮り、諫諍を聞きて政教の得失を知らんことを冀(こいねが)う。  貞観の初め、嘗て公卿に謂いて日く、「人自ら照らさんと欲すれば、必ず明鏡を須う。主、過ちを知らんと欲すれば、必ず忠臣に籍(よ)る。主若し自ら賢とせば、臣は匡正せず。危敗せざらんと欲するも、豈に得べけんや。故に君はその国を失い、臣も亦独りその家を全うする能わず。 隋の煬帝の暴虐なるに至りては、臣下、口を鉗し、卒にその過ちを聞かざらしめ、遂に滅亡に至る。虞世基等は尋いで亦誅せられて死す。前事遠からず。公等、事を看る毎に、人に利ならざるあらば、必ず須らく極言規諫すべし」。  貞観三年、太宗、侍臣に謂いて曰く、「中書、門下は、機要の司なり。才を擢(ぬきんで)て居らしめ、委任実(まこと)に重し。詔勅如し穏便ならざるあれば、皆須らく執論すべし。比来(このごろ)、惟だ旨に阿(おもね)り情に順うを覚ゆ。唯唯(いい)として苟過(こうか)し、遂に一言の諫諍(かんそう)する者なし。豈(あ)にこれ道理ならんや。若し惟だ詔勅に署し、文書を行なうのみならば、人誰か堪えざらん。何ぞ簡択して以って相委付するを煩わさんや。今自(よ)り詔勅に穏便ならざるあるを疑わば、必ず須(すべか)らく執言すべし。妄(みだり)に畏懼(いく)するあり、知りて寝黙するを得るなかれ」。  貞観五年、太宗、房玄齢等に謂いて曰く、「古自り帝王多く情に任せて喜怒し、喜べば則ち濫(みだり)に功なきを賞し、怒れば則ち濫に罪なきを殺す。是を以って天下の喪乱(そうらん)此に由らざるはなし。朕今、夙夜(しゅくや)未だ嘗(かつ)て此を以って心と為さずんばあらず。恒に公等の情を尽くして極諫せんことを欲す。公等も亦須らく人の諫語を受くべし。豈に人の言の己の意に同じからざるを以って、便即(すなわ)ち短を護って納れざるを得んや。若し諫を受くる能わずんば、安(いずく)んぞ能く人を諫めんや」。

現代語訳

 太宗はいつも厳然と構えていたので、御前に伺傾する臣下は、その威厳に気おされて度を失ってしまうのが常だった。そのことに気づいた太宗は、臣下を引見するたびに、必ず顔色をやわらげて相手の意見に耳を傾け、政治の実態を知ることにつとめた。  貞観の初め、重臣たちにこう語ったことがある。「自分の姿を映し出そうとすれば、必ず鏡を用いなければならない。それと同じように、君主がみずからの過ちに気づくためには、必ず忠臣の諫言に俟たなければならぬ。者主がみずからを賢い人間だと思い込めば、過ちを犯しても、それを正してくれる臣下はいなくたる。そうなれば、国を滅ぼしたくたいと願っても、かなわぬことだ。国が滅びれば、当流、臣下もその家を全うすることはできない。隋の煬帝の暴虐な政治の下では、臣下はみな口をつぐみ、あえて苦言を呈する者は一人もいなかった。その結果、隋は滅亡し、側近の虞世基らも、迎合を事としたあげく、あいついで誅殺された。煬帝の失敗はそれほど遠い昔のことではない。どうかそちたちは、政治の実態をよく見とどけ、かりそめにも人民を苦しめていることがあれば、遠慮なく苦言を呈してほしい」  また、貞観三年には、側近の者たちにこう語つている。「中書、門下の両省は、国政の中枢である。それゆえ、そなたたちのような人材を登用している。責任はこの上なく重い。わたしの下す詔勅に下都合な箇所があれば、遠慮なく議論を尺くすべきである。しかるに近頃、わたしの気持に逆らうまいとしてのことか、はいはいと言うばかりで、いっこうに諫言してくれる者がいない。まことに嘆かわしいことだ。ただ詔勅に署名して下に流してやるだけのことなら、どんな人間にだってできる。わざわざ人材を選んで仕事を委任する必委はないのである。今後、詔勅に不都合な箇所があれば、どしどし意見を申し述べてほしい。わたしを恐れて、知っていながら口を閉ざす、かりそめにもそんなことは許されないものと心得よ」  さらに貞観五年には、宰相の房玄齢らにこう語つている。「昔から帝王には感情のままに喜んだり怒ったりした者が多い。機嫌のよいときは、功積のない者にまで賞を与え、怒りにかられたときは、平気で罪のない人間まで殺した。天下の大乱はすべてこのようなことが原因で起こるのである。わたしは今、日夜そのことに思いを致している。どうか気づいたことがあれば、遠慮なく申し述べてほしい。また、そちたちも部下の諫言には喜んで耳を傾けるがよい。部下の意見が自分の意見と違っているからといって、咎めだてしてはならぬ。部下の諫言を受け人れない者が、どうして上の者を諫言することができようぞ」

●威容 ── 堂々として威厳のある姿。  ●儼粛 ── いかめしいさま。  ●百僚 ── 多くの役人。百官。  ●拳措 ── ふるまい。拳動。  ●諫諍 ── 言い争いになるまで徹底して諫めること。諫争と同じ。  ●匡正 ── 正しく直す。  ●極言 ── 遠慮しないで思っていることを言い尽くす。  ●規諫 ── 過ちを正すように諫める。  ●中書 ── 中書省のこと。宰相らが執務した官庁。  ●門下 ── 門下省のこと。詔勅の発布などをつかさどった官庁。  ●機要の司 ── 重要な役所。  ●執論 ── 徹底して議論する。  ●唯唯 ── はいはいと言って従うこと。  ●苟過 ── いいかげんに処理する。  ●簡択 ── 選び出すこと。  ●寝黙 ── 寝たふりをして発言しないこと。  ●喪乱 ── わざわいと乱れ。  ●夙夜 ── 朝早くから夜おそくまで。  ●極諫 ── 言いたいことをすべて言い切って諫める。

温故知新

( ── 諫言する側から考える。)
 孔子も『論語』のなかで、  「君子は信ぜられて後に諫む。未だ信ぜられざれば、則ち以って己を謗(そし)るとなす」 君子は、十分に君主の信頼を得てから、初めて諫言する。信頼もされていないのに諫言などすれば、 アラ探しばかりする奴だと誤解されてしまう、と言っています。 この感覚は今の時代にも生きています。  今の人は勘違いをしている様です。 昔の絶対君主の時代でなくても、今の時代でも、権力の行使にさ まざまな制約を変けているものの、基本的にこの構図に変わりがないのです。それぞれのリーダーは部下 の生殺与奪の権を握っているのです。  面と向かった諫言ではなく、メールによる、裏に隠れた讒言の嵐です。上司の悪口の尻馬に乗るなど、 上司と敵対関係になるなど、自分を蔑ろにする以外の何物でもありません。もってのほかです。出世した ければ、秀吉を見習うべきなのです。
── 網倉

次回は、《貞観政要・その十》 です。