小倉百人一首

1秋の田の

2春過ぎて

3あしびきの

4田子の浦

5奥山に

6かささぎの

7天の原

8わが庵は

9花の色は

10これやこの

11わたの原

12天つ風

13つくばねの

14陸奥の

15君がため

16立ち別れ

17ちはやぶる

18住の江の

19難波潟

20わびぬれば

21今こむと

22吹くからに

23月みれば

24このたびは

25名にしおはば

26小倉山

27みかの原

28山里は

29心あてに

30ありあけの

31朝ぼらけ

32山川に

33ひさかたの

34誰をかも

35人はいさ

36夏の夜は

37白露に

38忘らるる

39浅茅生の

40しのぶれど

41恋すてふ

42契りきな

43あひ見ての

44あふことの

45あはれとも

46由良のとを

47八重むぐら

48風をいたみ

49みかきもり

50君がため

51かくとだに

52明けぬれば

53嘆きつつ

54忘れじの

55滝の音は

56あらざらむ

57めぐりあひて

58ありま山

59やすらはで

60大江山

61いにしへの

62夜をこめて

63今はただ

64朝ぼらけ

65恨みわび

66もろともに

67春の夜の

68心にも

69あらし吹く

70さびしさに

71夕されば

72音にきく

73高砂の

74憂かりける

75契りおきし

76わたの原

77瀬をはやみ

78淡路島

79秋風に

80長からむ

81ほととぎす

82思いわび

83世の中よ

84ながらへば

85夜もすがら

86嘆けとて

87村雨の

88難波江の

89玉のをよ

90見せばやな

91きりぎりす

92わが袖は

93世の中は

94み吉野の

95おほけなく

96花さそふ

97こぬ人を

98風そよぐ

99人もをし

100百敷や


作者の追加  …"第84首"  05.03.27
歌意の追加  …"第25首"  10.08.08
解釈の追加  …"第25首"  10.08.08
不備を訂正しました …… 2014.12.30

   さあ、大いなる男の自信をつけよう
参考文献 解説百人一首 著・橋本武   日栄社
     小倉百人一首 著・飛野里美 明治図書出版
     小倉百人一首 著・島津忠夫 京都書房
     新詳日本史図説  浜島書店編集部 浜島書店


 京都嵯峨にある小倉山に別荘を持っていた藤原定家(97作者)が撰んだ百人一首です。
撰者・藤原定家の小倉山荘にある障子(現在のふすま)を色紙の形に切った紙面に書かれたと伝えられ、古くは「小倉山荘色紙和歌」ともいわれたとの事です。
「百人一首」は900種にも及ぶと言われますが、ただ百人一首と言えば、「小倉百人一首」を指します。
勅撰集
古今集‥24首 後撰集‥7首 拾遺集‥11首 後拾遺集‥14首 金葉集‥5首
詞花集‥5首 千載集‥14首 新古今集‥14首 新勅撰集‥4首 続後撰集‥2首
部立て
春‥6首 夏‥4首 秋‥16首 冬‥6首 恋‥43首 羇旅‥4首 離別‥1首 雑‥20首
身分
天皇‥8首 親王‥2首 公‥10首 卿‥17首 官吏‥28首 僧侶‥12首 女房‥19首 他‥4首
 母が嫁入りの時に持って来たとの事で、昔、私の家に百人一首のかるたがありました。 私が小学生の頃、母は一生懸命説明するのですが、そもそも絵がある方を読み手が持って、 字の方を拾えと言うのが許せませんでした。次に、言っている事がさっぱり分からない。 それでも、半世紀経った今、歌の文句がどこかに引っかかっていると言う事は…、 (PTAの会合に出かけて、酒喰らって良い気分で帰ってきたり、私を掴まえて馬乗りになるような母でしたから、) 懲りずに私に向かって読んでいたのだと思います。 今の私でしたら、半分くらいは付き合っていたでしょうに。いまはこの世の他の母に、気の毒な事をしました。